本)実践!多読術 -本は「組み合わせ」で読みこなせ

仕事術

【初回公開:2010/08/11 (Wed) 18:48】

・実践!多読術 -本は「組み合わせ」で読みこなせ
 成毛 眞(著
 角川ONEテーマ21


新書: 188ページ
出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010/7/10)
ISBN-10: 4047102393
ISBN-13: 978-4047102392
発売日: 2010/7/10
商品の寸法: 17 x 10.8 x 1.4 cm


・目次
 第1章 超併読のある生活
 (私は一体、どれだけの本を併読しているのか
 まず本をリビングでざっと読み、仕分け作業を行う ほか)

 第2章 賢者の読書、愚者の読書
 (古典は他人に任せて、新刊を読もう
 ハウツー書や投資本は捨てて経済学に学べ ほか)

 第3章 経営者は自然科学に学べ
 (仮説検証は経営の仕事、だから自然科学を学べ
 マーケッターは、把握できないものに手を出すな ほか)

 第4章 書評の技術
 (書評とキュレーター
 書評を書く場合のいくつかの注意点と気構え ほか)

 第5章 賢者の蔵書棚を作ろう-厳選ブックガイド
 (文化・人生編
 社会派ノンフィクション編 ほか)

読書をしない人間に成功などありえない。
しかも本は多く読めば読むほどいい。
たくさんの本を同時に読みながら、
独自の視点や広い視野を獲得するための手法や、
書評の技術も紹介した超実践多読術。
(Amazonより


成毛氏がすきだ。
こんなにもおおっぴらに「本よめ!」という人はいない。
ただ、氏はいう。
「本は10冊同時に読め!」
それが、以前本になった。
この書はその応用編と言える。
なので
「本読んでないから、習慣にしたいなー」と言う人は不向きである。
これはある程度本を読んでいる人が
もうワンステップのぼりたい場合のみ有効といえる。

いくらすきでも、正直私は実践できてはいないので
こう書評していいのか迷う。
ただ、本を多角的に読むことで
視野をグローバルに向けるというのは
これからビジネスに関係なく大事なことだと思う。
興味がなくとも、巻末のお勧め本は
本好きならわくわくするものだろう。

タイトル:実践! 多読術 本は「組み合わせ」で読みこなせ

著者:成毛 眞

出版社:KADOKAWA

コメント

タイトルとURLをコピーしました