本)文房具改造マニュアル

文芸

なかなか一般人ができないところを攻めてる

一般道をフェラーリで走ってる感じ

文具とか手帳が好きで、ひび新商品の情報とかプレスリリースをチェックしてます。

全部買うことができるわけではないので「ここらあたりいいかも」とチェックし

最寄り文房具取り扱い店に確認、購入に行きます。

そんなわけで自宅には文具が一生使っても使いきれないくらいあり

中には「…うっ、使いにくい!ペンの外装は最高好みなのにインクの感じがいやすぎ!!」

「インクは最高なのに、このダサい外装嫌すぎ!」というものも多くあります。

物によっては同じメーカーですとブランド名・商品名が異なっても

インク芯を交換しても使用できるものもあります(ゼブラさんとか)

もしくはアスクルの商品だけど、インク芯交換してみたら使えた!となぜか使えたりも

まれにあります。ほんとーーーーーーーうにまれ。

ほとんどが「あー!使いにくい」「ここに気に入らない!!」と思いながら使ってるうちに

ストレスになって「使うの止めた」がほとんどです。

そういうの解消したい。

でもどうすればいいんだ…とTwitterを見ていたらそういう改造用?の軸が売っていると知り

喜び勇んで調べると廃盤でした。

おおう、このまま在庫抱えて生きるのかと思ったとき本書を知りました。

が。実はこの本は…

高級ペン改造マニュアルだったのです…

モンブランのボールペンに消せるボールペンのインク入れたり

モンブランを鉛筆化させたり

自作の革ペンケース作ったり。

モンブランはそのまま使ったほうがいいんじゃないんでしょうかね???

と突っ込みが追い付かない魔改造の嵐。

私が知りたいのはbigにシグノのインク入れるとかそういうチープなのでいいんですけどね…

モンブラン重いから買わなかったんだよね…重いの男性好きだよね…と読んでました。

ただ革小物は自分で作ったことがなく既製品を購入していたので

案外簡単なんだなあという印象でした。

でも革小物も文具にカウントするんだ???

最初から最後まで著者のこだわりが濃縮された内容でした。

※文具の改造は自己責任で行ってくださいね。

タイトル:文房具改造マニュアル

著者:小野忠

出版社:エイ出版社

コメント

タイトルとURLをコピーしました