京王プラザホテル札幌の新しいシマエナガランチを楽しんできたよ

みてきた

2021年2月より京王プラザホテル札幌さまで行っております
プラザで“癒し”さがしませんか!
シマエナガだけではなく、あらたにエゾモモンガが加わりました!


それだけでなく
5月1日~31日まで
グラスシーズンズの「シマエナガランチ」が
「シマエナガランチ プランタニエール ~春のシマエナガランチ~」
装いもあらたに再登場しました!

「シマエナガ ランチ」
「シマエナガ カクテルセット」といただいてきましたので
今回も早速いただきに行きました。

行ってみました。

正面ロビーからはいりますとホテルマンに扮したシマエナガの「まめぞう」さんが!
2月は耳当て、4月はその耳当てが外され、
今回は「癒し」にあらたに加わったエゾモモンガさんもいっしょです。
まめぞうさんの背にちょこんと乗っているのがかわいらしいです。

ロビーのデジタルサイネージに新しいランチの告知が!
期待が高まりますね。

シマエナガさんのロールケーキ、
今回のフェアで新たに加わったエゾモモンガさんのケーキの広告もありました。
両方おいしそうなのです!

レストランへ

レストランに入ってすぐにシマエナガ総料理長が…!
「総料理長」なんて、すごいのです。
(でもやはりかわいらしいです)

案内していただいた席は対面にならないよう配慮されているほか
席との間も十分に間隔があけられており、ソーシャルディスタンスが守られていました。
入店前に、アルコール消毒と体温のチェックもありましたので安心です。

シマエナガランチ プランタニエール ~春のシマエナガランチ~

・サーモントラウトの自家製マリネと海老・道産帆立貝・彩り野菜のサラダ
 道産クリームチーズを“シマエナガ”に見立てて


・インカのめざめポテトとグリーンピースの冷製クリームスープ
 コンソメのジュレと一緒に

・サロマ黒牛と竹の子入り“和”テイスト ピラフのオムライス
 ソースヴァンブラン プランタニエール


・苺と道産ミルクのアイスクリーム 

 “シマエナガ”のマシュマロとシュクレフィレを添えて 新緑のイメージで


・お飲み物

ランチの内容は上記になります。

サーモントラウトの自家製マリネと海老・道産帆立貝・彩り野菜のサラダ 道産クリームチーズを“シマエナガ”に見立てて

春の訪れを感じさせる 彩り野菜の中で
クリームチーズで象ったシマエナガが寄り添い
仲良く羽を休めています。

野菜の緑、魚介類とソースの赤が目に楽しいオードブルです。
クリームチーズのシマエナガの下にある野菜、
実はその中に巣を模したかぼちゃのマッシュサラダがあるという演出がうれしいです。
魚介類のソースとは別に、野菜にドレッシングが和えられており
それがとてもさっぱりしていました。


インカのめざめポテトとグリーンピースの冷製クリームスープ コンソメのジュレと一緒に

緑のスープはグリンピース、
インカのめざめというじゃがいもを使っているそうです。
底にコンソメのジュレがあり、このジュレだけでも濃厚で美味ですが
グリーンのスープとあわさることで、じゃがいもの風味も感じられる冷静スープになっていました。

このスープの器はとても素敵で、
二重に重なったスープの中まで楽しめるという楽しいものになっていました。
とても涼しげです。

サロマ黒牛と竹の子入り“和”テイスト ピラフのオムライス ソースヴァンブラン プランタニエール

サロマ黒牛とタケノコ入りの和風ピラフを卵で包んだオムライス。
舞い降りたシマエナガのまわりには
グリーンを散りばめ草木の芽吹きを表現しました。

緑のソースはブロッコリーとほうれん草を使用しているそうです。
では料理名についている「ソースヴァンブラン プランタニエール」とはなんでしょうか?
ソースヴァンブランとは、
「ヴァンはワイン、ブランは白いという意味のとおり、白ワインを使ったソース」
プランタニエールは
「フランス語で春らしい」
つまり
「白ワインを用いた、春らしいソース」ということになります。


オムライスの上に乗っているシマエナガさんは
中にかつおぶしが入っており、やさしいお味です。
しっぽはベーコン、羽根はウインナーとこだわりがみえます。

このオムライスがすごかったです。
手前側からいただいていきましたが、
竹の子入り和テイストのピラフとあるように、中に筍がはいってます。
ピラフがかなりチーズみがあるのですが、こんなにも筍とチーズが合うなんて!
周囲の緑のソースヴァンブラン プランタニエールとも相性ばっちり!
静かに感動しながら食べ進めていくと
サロマ黒牛に遭遇!
牛肉は焼いてソースであえられたものですがそれがピラフの真ん中にごろごろ。
今まで食べていた味が一気にお肉のおいしさに変化です。
全く異なるおいしさに変わってただただびっくりして完食です。
ごはんでびっくり&感動することがあるのですねえ…


苺と道産ミルクのアイスクリーム  “シマエナガ”のマシュマロとシュクレフィレを添えて 新緑のイメージで

飴飾りをシマエナガの巣に見立て
新緑をイメージしたミントやチョコレートをアクセントに…

シュクレフィレ(飴がけ)の中にミントの葉っぱがからまっていて
それとお皿に散らされた抹茶と目に優しいデザートです。
シュクレフィレの正しいいただき方がわからないのですが、
そっとつぶしてミントとアイスクリームといただきましたら
口の中がとてもさっぱりして美味しかったです。
あんこも甘すぎず、全体的にやさしい甘さでした。

レストランのかわいいおもてなし

レストラン内に「北海道3大かわいい動物プロジェクトの写真の一部が展示されていました。
こちらはロビーにも展示されており、
InstagramやFacebookで集まったみなさんの素敵な動物写真の展示がされています。

コロナ前はブッフェのお食事が陳列されていた場所に
今回もシマエナガさんのオブジェがありました。
春というテーマで緑と白のコントラストが素敵です。



デザートの飴がけを担当されている方にお話をお伺いしましたら
このオブジェに用いられている「緑」
実はすべて「飴」なんだそうです!!
上記の写真の、丸いわっかとリボンが全部飴で出来ているそうです。
この写真だけでなく、レストラン内のタワー型オブジェには
沢山の緑に囲まれたシマエナガさんがいらっしゃいます。
その緑がすべて飴…!!
京王プラザホテル札幌さんのレストランには職人さんがいらっしゃるのですね!!!
貴重なお話をお伺い出来てうれしかったです。


(お客様に直接お食事の感想を聞く機会が減ってしまったそうなので
お時間がある際は、
レストランのスタッフのみなさんに感想を伝えますとたいへん喜ばれますよ)

北のかわいい大集合!癒しの小動物フォトギャラリー

今回はランチだけでなく、ロビーにて
ぼく、シマエナガ(Twitter:@daily_simaenaga)の
やなぎさわごうさんのミニ写真展が開催されております。
どの写真もそのかわいらしさだけでなく、
自然で生きているたくましさも感じられるものばかりです。

こんなかわいいフォトスポットもありますよ!
巨大シマエナガさんです!

SNSキャンペーンにも参加してみたよ

ホテル内に潜む小動物をインスタグラムで投稿してくれた皆様に、
ホテルオリジナルのシマエナガ缶バッジをプレゼント。
ホテル館内各所にちりばめられている癒しの小動物をさがしてみてください。
ホテルマンもしらないところに、隠れているかも?

期間 2021年4月27日(火)~5月31日(月)
参加方法
【1】ホテル公式Instagramをフォロー

【2】ケーキやカクテル、コンセプトルームやオブジェなど、ホテル館内各所にちりばめられている癒しの小動物を見つけて写真を撮影

【3】ハッシュタグ「#京プラ札幌で癒し」をつけて写真を投稿

【4】ロビースタッフへ投稿画面を提示で缶バッジをプレゼント!

ホテル公式Instagram https://www.instagram.com/keioplazahotelsapporo/

こんなキャンペーンがフォトギャラリー横の
デジタルサイネージに表示されていたので参加してみました。

Instagramのアカウントは持っていたのですが
久しぶりの投稿で、少し戸惑ってしまいましたが無事完了!
ロビーのまめぞうさん&エゾモモンガさんのところで
スタッフさんに投稿画面を見せました。

缶バッジは数種類あり、お好きなものを選ぶことが出来ました。
ホテルの各スタッフに模したシマエナガさんです。
私と同伴者は上記を選びました。
レストランのスタッフさんも名札にこれらの缶バッジをつけていらっしゃいました。
非売品なのでこの機会にぜひ!

いってみておもったこと。

ホテルのレストランは、ホテルの顔
プロの本気がすごいと感じました。
どの料理も、そのオブジェも、ひとつひとつ丁寧に作られていました。
企画を考える人、盛り付けを考える人、料理ひとつに数人が本気で向かっています。
それとおなじように写真展やキャンペーンも
「お客様に喜んでいただきたい」という気持ちで作られているのだなと
おはなしをお伺いしたスタッフの方々の言葉から感じました。
レストランだけでなくホテル全体にシマエナガさんとエゾモモンガさんが隠れています。
是非探しにいってそのかわいらしさを見て
味わいにいってみてくださいね。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました