レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則

仕事術

【初回公開:2012/01/19 (Thu) 16:17】

レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則

本田直之

新書: 192ページ
出版社: 幻冬舎 (2007/05)
ISBN-10: 4344980395
ISBN-13: 978-4344980396
発売日: 2007/05
商品の寸法: 17.2 x 10.8 x 1.2 cm

毎日いっぱいいっぱいに働いているのに、成果が上がらない人。定時で帰って休日も満喫しているのに、人並み以上の結果を残す人。一日二四時間は誰にも平等なのに、こんな不平等が生まれるのは、時間の使い方が決定的に違うからだった!スケジューリング、ToDoリスト、睡眠、隙間時間etc.最小の努力で最大の成果を上げる「時間投資」のノウハウが満載。

(Amazonより

結局のところで。
レバレッジの意味と本書の意味がよくわからないままでしたが。
(私だけなのかも?)

時間は買うことができない。
お金を節約する前に
いまやらなければならない事を
どれだけ短時間でやれるかを考えよう。
ただ短時間ではなく、ロングスパンでみたらどうなるか?
時間は誰の上でも平等である。
365日24時間。
時間をどのように使っているか?
これはビジネスだけではなく、人生においてもいえると思う。
時間をどう使ってるか再度見直す。
これは年に何回かやるべきではないだろうか?

タイトル:レバレッジ時間術 ノーリスク・ハイリターンの成功原則
著者:本田 直之
出版社:幻冬舎

レバレッジ時間術 ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書)

【2021/01/12 追記】

仕事だけでなくプライベートも含めてどのように時間をつかっていくか、という本
古い本ではありますが、じわじわ読まれている本でもあります。
(Amazonや他のサイトでも評価はよいですし)
この本一冊だけでなく、同じテーマの本を三冊くらい読んでやれそうなものからやっていく
実践してみて続けられそうだったら続けてみる、
工夫が必要だったら改善してみる。
のが
時間術系の本の生かし方だと思ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました